院長あいさつこのページを印刷する - 院長あいさつ

院長あいさつ

当院の歴史は古く、戦前の八事療養所、梅森光風園という二つの結核療養所に始まります。1950年代以降の結核の急激な減少に伴い、1968年(昭和43年)にこれらの療養所が梅森の地で統合され、国立療養所東名古屋病院となりました。その後、1975年に重症心身障害児(者)病棟、1976年に神経難病病棟が開設され、結核医療に加えて新しい機能が導入されました。さらに1978年に理学療法棟、翌年には附属リハビリテーション学院が設立されることにより、現在の基本的な病院体制が整備されています。2004年(平成16年)に国立病院が独法化されたことにより、国立病院機構東名古屋病院と名称変更いたしました。


東名古屋病院長 奥田 聡

現在は①神経難病を中心とした脳・神経・筋疾患、②結核・非結核性抗酸菌症などの慢性呼吸器感染症、③重症心身障害児(者)医療、④脳神経外科・脳神経内科・整形外科を中心とする回復期リハビリテーションを4つの柱として病棟が編成されています。神経難病は愛知県難病医療ネットワーク協力病院として、結核は愛知県の最終拠点病院としての役割を担っており、名古屋市東部のみならず愛知県全域さらには周辺自治体までを診療圏としてカバーしております。また、名古屋第二赤十字病院、名古屋記念病院、国立病院機構名古屋医療センター、愛知医科大学病院、藤田医科大学病院などの急性期病院との医療連携を推進し、急性期を脱した患者さんの受け入れを積極的に行っています。これらの回復期医療の推進のため、2009年に開棟した回復期リハビリテーション病棟に加えて2018年4月から地域包括ケア病棟(32床)を開設し在宅復帰を目指した医療を実践しています。
 当院のリハビリテーション部は70名を超えるスタッフを擁し、数年前増設された「ぬくもりサポート館」の広々したリハビリテーションセンターで理学療法、作業療法、言語療法3部門のリハビリテーションを実施しています。回復期リハビリテーション病棟とは同じ2階のフロアで繋がっており、1年365日途切れないリハビリを行っています。また、神経難病の患者さんを対象としたロボットスーツ(HAL)の導入など最先端のリハビリも実践しております。
 一方、在宅療養や福祉施設で生活されている神経難病や脳卒中患者さんが体調を崩された時など、一時避難的に当院へ入院していただき、全身管理とともにリハビリテーションを施行し、コンディションが回復したら、在宅や施設へ戻っていただく、これも当院の大きな役割の一つと考えております。お困りの時はご相談いただければと思います。また、介護される方がご病気やお仕事の都合、あるいは冠婚葬祭などでご自宅を離れなければならない時、患者さんを一時的にお預かりするレスパイト入院も行っています。ご希望の際はかかりつけの先生を通して地域連携室にお申込みください。
 当院のリハビリテーション部のスタッフの主力は東名古屋病院附属リハビリテーション学院卒業生です。附属リハビリテーション学院は理学療法士、作業療法士養成校として東海地方でもっとも古い歴史があり、昨年、創立40周年を迎えました。2020年3月の卒業生を含めて1401名の卒業生を数え、この地域で広く活躍しています。
 当院は名古屋市内にありながら、北側、東側を森に囲まれ、春は桜、初夏は新緑、秋は紅葉と、恵まれた自然の中で療養・リハビリができる環境が特徴です。神経難病など特殊な機能を持つ施設であるため、一般の方には利用しにくいイメージがあるかもしれませんが、外来では総合内科(膠原病内科を含む)、消化器内科、循環器内科、脳神経内科、呼吸器内科、血液腫瘍内科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、リウマチ科、乳腺・内分泌外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、皮膚科、歯科口腔外科など様々な一般診療を行っています。名東区医師会はじめ地域の連携医師はもちろん遠方からの紹介も歓迎いたします。どうぞお気軽に受診してください。今後も地域の皆さまに信頼していただける病院を目指してまいりますので、皆さまのあたたかいご支援とご協力を心よりお願い申しあげます。

2020年4月1日